ハーブ & ドロシー

2010年12月24日

10-12-22_019梅田スカイビルのツリー。大きい!

やっと新居に散らばってた段ボールが片付いたんやけど。

クリスマスやのに、荷物整理やら家の外構やら諸々で、なかなかクリスマス気分を味わえやんかったけど、荷物の片づけがひと段落したので妹と大阪に出かけたん。たまには日常から離れて知的好奇心を満たしたいと思うやん?信濃橋画廊で伊達泰正氏の個展を楽しんだ後は梅田にあるシネマガーデンでハーブアンドドロシーという映画を見たんよ。水曜日やったからサービスデーで1000円で入場できたん。ラッキーやったわ。

この映画は郵便局員のハーブと図書館司書のドロシー夫妻が少ない給料からやりくりして買い集めたアート作品2000点をアメリカ国立美術館に寄付するまでに至った話を描いたドキュメンタリー作品なん。監督は日本人女性監督の佐々木芽生。監督が女性ということで、多くの女性誌の映画欄に取り上げられてた。それを読んで面白そうやったから、ぜひ観たいなって思っとったんよね。映画の中で今を時めく売れっ子アーティストたちが、ハーブとドロシー夫妻との思い出を語っていてなかなか興味深いよ。今は売れっ子作家でもハーブとドロシーに作品を売ったときはまだまだ駆け出しやったんやろね。ハーブとドロシーはアート作品を手に入れるために慎ましやかな生活をしとるけど、夫妻が作品を買ってくれたおかげで家賃が払えたアーティストがかなりいたらしい。

とにかくハーブとドロシーは投資目的ではなくて、気に入ったから、好きだから、綺麗だからという理由で、アパートに入れることが出来るサイズで、彼らの給料で買える値段の作品を情熱をもって買っていったんよね。

ハーブとドロシーはモダンアートの作品を好んで集めてたんよ。私にとって、現代美術ってすごく分かりにくいところがあるん。私はそれらの作品を面白いとは思うけど、美しいと思えないことが多々あるんよね。時々有名な作品でも、ホンマ、これ、ゴミちゃうん?と思うようなものあるやん?でもハーブとドロシー夫妻には私には分からないモダンアートの美しさがわかるんやなあって思ったらすごくうらやましかったね。

この映画を見てね、自分が素晴らしいと思ったり気に入ったアートを買うという事が私もしたくなったわ。アートを買うということはある意味心の豊かさを買うみたいなところ、あるやん?そしてどの作品の中に意味や価値を見出すかは自分次第なんて面白いやろ?夢があるわ。この映画は公開してる映画館が少ないので残念やけど。DVDになったらまた観たいな。アート好きな人におススメの映画やよ。コミカルな感じの映画やから、楽しめると思う。

映画ハーブアンドドロシー公式HP

Harb & Dorothy

素敵な伊達さんの個展観て、面白い映画観て、アートを満喫して気分もすごくハッピーやわ。また明日から頑張って年末年始のしたくしやなあかんね!

広告

10 Responses to “ハーブ & ドロシー”

  1. tantan1220 Says:

    おはようございます~^^
    おおおおおおお!最初のツリーが大きくてとっても綺麗ですね~!!
    ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ
    イルミ大好きです~ァ ‘`,、’`,、(‘∀`) ‘`,、’`,、。
    引越しされたのは大変だったけど、そろそろゆっくり出来そうですか?

    コーヒービーンズさんはアートがとっても好きなんですね~。
    なんだか情熱を感じましたよ^^
    ハーブ&ドロシー 一言で言いたくないけど、面白そう(*´ω`*)
    アートは難しいと思っていましたが、映画なら少しは理解できますでしょうか?
    お恥ずかしい限りです。ごめんなさい。

  2. coffeebeans Says:

    Tantanさん>
    荷物はなんとか片付いたんですけど、家具をそろえるなど、まだまだやること残ってます。やっぱり一度に全部終わらせるなんて無理なんですね。
    私アートが好き!というよりウンチクが好きなのかもしれません。昔からアーティストと呼ばれる人たちはどこか変わってる人が多いじゃないですか。そういう変わり者の事を知ったりするのがその人の作品を見るのと同じぐらい面白いと感じるので。あと、偉そうに知ったかぶりしながら現代アートとか語るのも大好き(笑)ですね~!自分で描く絵はまだまだそれほど面白く感じないのが難点。
    ハーブアンドドロシーの映画はアートの映画でもありますが、普通の夫婦がいかにして美術館に全米史上最大寄付をしたのかが描かれているので、そのあたりが面白いですよ~。本当に普通の夫婦なんですから。機会があったらぜひご覧になってくださいね。

  3. ポコチャン Says:

    クリスマスだね忘れてた、映画はレディーズデーがあり、女性厚遇されてますね

    • coffeebeans Says:

      ポコチャンさん>
      そうです。クリスマスなんですよ~。今回大阪に行ったときに
      梅田スカイビルで回転木馬を見たのす。
      ポコチャンさんのブログにあったツイン21の回転木馬とは違うものみたいでしたね~。
      梅田スカイビルはクリスマスのイベントで夜の遅くまで賑わってました~。
      映画館のレディスデー、私はあんまり利用する機会がなくて残念!


  4. 私、昨日もコンサートを聴き終わってからいろいろ考えたんですけどね。
    芸術って、「もうけ」を考えたら出来ない家業ですよね。本当に。
    私などセコくて、「この会場費が●●円で、チケット代が●●円×●●人で…利益出ないやん!」とか
    勝手に計算して凹んじゃったりして。(余計なお世話ですよね)
    でもこのコンサートのために、夏から練習していたと先生は仰っていて。
    勿論、これだけ弾けるようになるにはどれだけ投資したか…音大、グランドピアノ、レッスン代…
    こういうこと考えちゃう時点で、私は芸術に向いていないんだとつくづく思うんですorz
    従妹がやっぱり芸術関係の人なのですが、それだけではとても食べていけない。
    でも好きだから続けているんですよね。私も翻訳の仕事だけではとても食べていけないのですが
    好きだから続けている。儲けを度外視した情熱とか愛情がないと、芸術って言うのは出来ないんだなぁとつくづく感じます。

    • coffeebeans Says:

      Jasmineさん>
      そうなんですよね~。
      私もお金計算がすぐ頭の中を回ります。これはアレですよ、計画性があるということで^^
      なかなかお金が入ってこなくても続けられる情熱があるって素敵だとおもいます。
      その情熱をかけるものを持ってるということも素敵ですよね。
      翻訳の仕事って大変そう・・・

  5. 昔の乙女 Says:

    新居の片付けも済んで落ち着いて映画鑑賞をするゆとりも出来たのね。
    映画を最後に見たのは「オペラ座の怪人」だから何年前になるのかなぁ~

    • coffeebeans Says:

      昔の乙女さん>
      私も映画館まで行って映画を見る機会はないですね。
      最近の映画のほとんどはDVDのレンタルで観ちゃいます。
      たまには映画館で見るのもいいですよ~♪

  6. slecfarm Says:

    あ、その映画チェックしていました。やはり見に行こうっと(^O^)/
    お部屋の片づけ、というか、新居の様々なしつらえは、時間かけた方がいいですよ。あわてて、妥協したりすると、やっぱり後で買い替えたりして・・・気長に行きましょう。

    • coffeebeans Says:

      Slecfarmさん>
      この映画、楽しかったです♪
      ただ上映してる映画館が少ないのが難点かな。

      そうなんですよね。妥協したくないので新居のための買い物は時間をかけてるんですけど、
      そうなると落ち着かない気がしてます。そのうちこんな状況にも慣れるかな?
      そうかあ、気長に行くという考え方はなかったなあ・・・ずっと焦ってました。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。