祝・初めての手紡ぎ

2013年6月20日

DSC08028
ゾーイが暇そうにしてるんやけど。

雨が降っているから、散歩はおトイレ済ませるだけ。それでもゾーイにカッパ着させたり、自分もカッパ着なきゃ外にでれないから(ゾーイは傘が怖い)、雨の日は散歩に行くのが面倒なんよね。

DSC08038a
つくしさんも雨の日中は特にアンニュイ。つくしさんは私が床に座って編み物なんかしていると、いそいそと寄ってくるん。そして私の足首あたりに頭をのせてくつろぐんよ。そんなつくしさんが可愛い~!と思ってたのは6月の初めごろまで。今はつくしさんにくっつかれると暑くてタマラン。でも「あっち行って」なんて絶対言えないんよね。つくしさんってば、私が寝ている時も足元によってきて、私の足首に頭を乗っけて寝るん。私の足がクッションみたいにプニプニとええ感じなんやろねえ。

DSC08067
ゾーイとつくしさんが暇を持て余してイチャイチャしている間に、手紡ぎについて色々と調べたん。手紡ぎを教えてくれるお教室なんて近くにないから、ネットで調べるしかないんやけどね。それと、手紡ぎをするためにEstyで安価でシンプルなスピンドルと、手紡ぎに使う羊毛を注文したんよ。商品が届くまであと10日ぐらいかかりそう。だけど色々と調べて行くうちに、スピンドルを手作りするのもいいかも、と思いはじめたん。

前回の記事に手紡ぎにはざっくり分けて糸車=spinning wheel で紡ぐ方法とスピンドル=spindle を使って紡ぐ方法があると書いたんよね。私が挑戦したいのはスピンドルで糸を紡ぐことなん。

スピンドルとはシャフト=shaft と呼ばれる棒にワール=whorl (whorl とは、らせんのひと巻の意、ネット総合通販の楽天でスピンドルを検索したら、ウィールと表記してあるお店もある。ここではワールに統一する)を付けた物です。スピンドルの種類は沢山ありますが、大まかに2つに分けられるようです。1つはサポーテッドスピンドル=supported spindle と呼ばれるもの。もう1つはサスペンデット、またはドロップスピンドル=suspended or drop spindle と呼ばれます。私が挑戦したいのはドロップスピンドルです。

さらにドロップスピンドルは2種類(または3種類)あります。こちらのKnittyのサイトの写真をみてもらうとよくわかると思いますが、、ワール(おもり)がシャフトの上部にあるものをトップワールスピンドル=top whorl sipndle (またはハイワールスピンドル=high whorl spindle)と呼び、ワールがシャフトの下部にあるものをボトムワールスピンドル=bottom whorl spindle (またはロウワールスピンドル=low whorl spindle)と呼びます。(ミッドワールスピンドル=(mid-whorl spindle)とよばれるシャフトの中間にワールが付いているのもある。)

Esty(ハンドクラフトの販売サイト)では、値段やデザインが様々なスピンドルが売られています。しかし初心者にはどのスピンドルが適当なのでしょうか?太い糸を紡ぐためには重い(大きい)スピンドルが必要ですし、レース糸のような細い糸は軽いスピンドルでないと紡げません。また、どのような繊維を紡ぐか、たとえばそれは羊毛なのか綿なのか、さらに個人的な好みやクセによってもどの重さのスピンドルを使うのが適当か変わってくるでしょう。

楽天で売られているスピンドルは約1700円。こちらのサイトで売られている物は2500円からです。手紡ぎに初めて挑戦する方が、せっかく美しいスピンドルを手に入れたのに、「上手に紡げなかった」「糸が切れてしまって紡ぎ続けられなかった」という理由で手紡ぎをやめてしまうことも多いらしいです。上手く紡げない原因は手紡ぎの経験や技術の不足だけではなく、スピンドルの種類や重さ(大きさ)がその人の手紡ぎのスタイルに合って無かった、ということかもしれません。

手紡ぎの経験が無い私が張り切って高価なお道具を買ったものの、「やっぱり無理やわ~、手で紡ぐなんて、できひんわ~」なんてことになっても悲しいので、アチコチのサイトで紹介されている「不要になったCDでスピンドルを作ろう!」に挑戦したいと思うん。簡単に手に入る材料で作るので、「やっぱ、毛糸は紡ぐより買った方がいいわ~」なんてことになっても懐が痛まないし、どんな(重さや形、または大きさの)スピンドルが自分に合ってるのか試せる。さらに気軽に手紡ぎを始められるので楽しいと思うん。

DSC08118
実際手紡ぎをしている人を生で見たことが無い私。本と手紡ぎのサイトを読みまくり、Youtobeの動画を見まくって紡いでみました「人生初の自作糸」。初めてのことなので、下手なのは見逃して~や。でも不要になったCDで作ったスピンドルでも十分紡げます。このCDスピンドルのつくり方はまた明日♪

広告

14 Responses to “祝・初めての手紡ぎ”

  1. Poko Chan Says:

    二日連続の雨だよ、
    この雨の中ゾーイくんは散歩に行くんだね
    http://ameblo.jp/s-hata/

    • coffeebeans Says:

      ポコちゃんさん>
      ゾーイは家の中ではトイレしてくれないので、どんな大雨の中でも外に出ないといけないんです。ゾーイは傘を怖がるのでカッパを着なくてはならなくて、それが面倒です~。

  2. tiara Says:

    つくしちゃん、そんな風にしているんですね!
    それは、暑いわぁ・・・。
    でも 懐いてくれている証じゃないですか。
    足元で寝るっていうのも、うちのサクラは冬はそうするんですけど・・
    暑い季節になると、しませんもん。
    愛されてるなぁ~♪
    また 大変なことに、挑戦してますね!
    今は、パソコンがあるから調べ物も楽ですよねぇ。
    上手に紡げること、お祈りしています。
    ファイト! (・∀・)♪+.゚

    • coffeebeans Says:

      tiaraさん>
      つくしさんは甘え上手なので、本当に可愛いなあ♪って思います。私は猫の毛にアレルギーがちょっとあるので、自分の服や寝具に猫の毛が付くのが気になってたんですが、今はそんなことどうでもよくなるほど、つくしさんが一緒に寝てくれるのが嬉しいです。
      手紡ぎの事をネットで調べてるんですが、どんな情報でもネットにあるので本当に有り難い!
      手紡ぎが上手になるように練習を頑張ろうと思います♪ありがとうございます(^^)

  3. 昔の乙女 Says:

    こんにちは。
    雨だと散歩もお預けでゾーイは退屈なのかな。
    つくしさんはcoffeebeansさんが大好きで、
    きっと肌に触れてると安心できるのね(●^o^●)

    • coffeebeans Says:

      昔の乙女さん>
      つくしさんはとっても甘えん坊で、そんなところがとっても可愛いなあと思います。私に甘えてくっついてくることが多いつくしさんですが、時々は主人にも同じように体をくっつけて甘えます。そうすると主人がとっても喜ぶんです。つくしさんは甘え上手です♪

  4. pikao Says:

    こんばんは^^
    台風は温帯低気圧になったようだけど・・・
    こちらは雨が激しく降ってます
    雨の日のワンちゃんの散歩は飼い主さんも大変でしょうねぇ
    でも
    みなさんカッパ着て散歩してますよぉ~強いわぁ^^v

    • coffeebeans Says:

      pikaoさん>
      私の住んでいるところではかなり深刻な水不足で「雨乞い」の神事が行われたとニュースでやってました。祈りが天に通じたのか、雨は降りましたが、雨量はさほど多くはなかったです。
      雨の日は私もゾーイもカッパを着て出かけます。私は雨の中、外にでたくないのですが、ゾーイがトイレを外でしかしてくれないので仕方なく・・・です。

  5. slecfarm Says:

    す、すごすぎます!!!手作りの材料で、糸がつむげるなんて!でもこれでますます本格的にやりたくなってきたのでは(^^)/

    • coffeebeans Says:

      slecfarmさん>
      手紡ぎ歴が長い人でもスピンドルを自作する方は多いそうです。自分で工夫して使いやすいお道具を作るのが面白いなあと思います♪ slecfarmさんもいかが?(^^)猫ちゃんの毛を集めて紡ぐ方もいらっしゃるみたいですよ。


  6. […] まずドロップスピンドルを用意します。作り方はこちら⇒ドロップスピンドルを作ろう① ドロップスピンドルを作ろう② […]


  7. […] なるべくお安く、なるべく手軽に、初めての手紡ぎに挑戦しようがコンセプト。プレドラフティングが終わった羊毛を廃棄する予定だったCDを使って自作したドロップスピンドル(輪っかが上部についているスピンドル=ハイワールドロップスピンドル)で紡いでいきます。この自作のスピンドルはアチコチのサイトで紹介されていたので作ってみたのですが・・・お金をさほどかけずに簡単に作れるし、もちろん使えるんですケド・・・見た目が全然イケてない。そこで後に違う材料で手作りしましたが、今回はこのスピンドルを使って紡いでいきます。古いCDを使って作るドロップスピンドルの作り方はこちら⇒ドロップスピンドルについて、ドロップスピンドルを作ろう […]


  8. […] まずドロップスピンドルを用意します。作り方はこちら⇒ドロップスピンドルを作ろう① ドロップスピンドルを作ろう② […]


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。