読書の楽しみ再発見

2015年4月13日

apr11a
先週は寝ている時間がとーっても長かったんやけど。

寝込んでいる時の楽しみは読書やった。ただ最近の私は老眼が進んでいるので、めっきり読書する習慣が無くなってしまってたんよ。ゴロンと横になって本を読むのが好きやけど、横になってるとメガネがずれて邪魔に感じるのよね。

apr11b

昨年のクリスマスに主人が電子書籍リーダーKindleを購入したん。主人はこのKindleがとても気に入ったみたいやけど、私は「え~、紙じゃない本?なんだかなあ~」なんて思ってた。なので今まで使ったことが無かったん。ところが実際Kindleを使ってみると・・・あれまあ便利で読みやすい!

KindleにはKindle、Kndle Paper White、Kindle Voyageの3種類あるん。家にあるのはKindleシリーズの中で最も安いタイプのKindle。このもっとも安いタイプのは画面そのものは光らない(つまりスマホの画面のように明るくない)ので、いかにも普通の髪の本を読むのと変わらない読み心地、らしい。画面そのものが光らないので目が疲れないとか、バッテリーの持ちが良いなどの利点があるらしい。そしてもう1つ気に入った事はKindle本体の軽さ。

画面のライトがないということは、当然暗い部屋では読めない。部屋が暗い時はiPhone6Plus にインストールしてあるKindleのアプリで読書してたん。

DSC07796
上の写真を見てもらうとわかるように、iPhone6Plus は画面の大きさがKindleと比べても小さすぎるということがない。Kindleの実際の画面は写真よりも暗い。というか、実際の紙ほど白くなくて黄色っぽいかな?明るい部屋で読む分には不都合は感じないけれども。

私は画面が光る方が文字が見やすいと感じるんやけどね。画面が明るいかどうかよりも私にとって便利だったのが、文字の大きさをかえられる所なん。Kindle でもiPhoneのアプリでも文字を大きく表示できるので、老眼鏡に頼らなくても長時間読書が楽しめるん。これは有り難い。知らない言葉が出てきたらその文字をタップするだけで無料の辞書が開くのも便利~♪

やっぱり本は紙媒体でないと・・・ってずっと思ってきたし、今もちょっぴりそう思うん。何故かというと、私にとっては‘本を開いてページのどのあたり(場所)に何か書いてあったか’というのが大切やったりするん。例えば学生時代、試験勉強するときに、「この単語(用語)は教科書のこの辺りに書いてあったな~」なんて覚え方をしてたんよ。Kindleで文字を大きくすると、文字の大きさによっていわゆる1ページのレイアウトが変わっちゃうので、ページのどこに何が書いてあったかなどは意味をなさなくなっちゃう。それでも大きな文字で本が読めるという利点の方が私には大きい。

apr11c
本屋さんや図書館に出かけて行って面白そうな本を探すのは大好きやけど、体調が悪くて外出できない時はお家でKindleを使った読書が私の新しい習慣になりそう♪

広告

16 Responses to “読書の楽しみ再発見”

  1. tiara Says:

    風邪を引いてしまったのですねぇ・・・。大丈夫ですか?
    私も昨晩、吐きました。下剤を飲むのが早かったせいかな?
    季節の変わり目なので、お互い気をつけましょうね♪
    こういう時って、散歩など出来ないと大変でしょうね。
    その点、猫は散歩要らずで楽ですよ。今もベッドで寝ていますが。(笑)
    本読み、うちの旦那もタブレットでマンガを読んでいたりします。
    簡単に読書出来るって、いいのかもしれませんね。
    私は、読書しない方です。

    • coffeebeans Says:

      tiaraさん>
      私の風邪は治ったのですが、今は咳だけが残っています。この咳がなかなか治らない~。ホント、体調管理はしっかりしておかないといけませんね。風邪で寝込んでいる間、もっとも気にしていたのが「犬の散歩・トイレ」でした。そうそう、その点猫ちゃんは楽です。散歩もいらない、おトイレはきちんと自分で正しい場所にしてくれますから(^^)
      アマゾンのKindleストアーで電子書籍を探すようになってから気が付きましたが、電子書籍化されている漫画本ってすごく多い。需要が高いのですね。タブレットで漫画を読むのは今は当たり前なのですね。

  2. orca Says:

    この辺りに書いてあったな~ って、わかります!私もそうでした!
    でも、電子書籍いいですね~。私は読書が趣味なんですが、持っていません。ちょっと、興味あります~。

    • coffeebeans Says:

      ocraさん>
      ページ中のどの部分に何が書いてあったか、を気にする人が私以外にもいると知って嬉しい~。結構な数の人がそうやってページの中の分の「レイアウト」を気にして読んでいると私は思っているのですが・・・。
      Kindleは見た目や持った感じが紙の本と比べるとなんだか味気ない気もします。が、文字を大きくできるとか、何冊も持ち歩かなくても良いなど利点もいっぱいです~。Kindleは3種類ありますので、購入を検討されるならアマゾンの口コミをじっくりお読みになることをおススメします~(^^)。もしPhoneやiPadをお持ちならそこにKindleのアプリを入れて無料本(青空文庫なども沢山あります)をお試しするのも良いですよ~♪


  3. Iphoneの電子書籍はアプリであるの、本体だとしたら高価だろうね

    • coffeebeans Says:

      ポコちゃんさん>
      Kindleを持っていなくても、iPhoneやiPadでもKindleのアプリを使ってアマゾンから購入した電子書籍を読むことが出来ます(^^)

  4. slecfarm Says:

    へー、そんなに便利なんですねー(゜o゜)
    画面が光らないで字が大きいって、確かにいいですねー(^^)/

    • coffeebeans Says:

      slecfarmさん>
      最も安価なKindleは画面が光らないので、確かに紙の本を読むのと同じ感覚で読むことが出来ます。全ての本が電子化されているわけではないので、これからもっと増えて行って欲しいなと思います。文字が大きいってホント有り難いです。沢山本を読もう!と思えますもの。

  5. 昔の乙女 Says:

    おはよう
    文字の大きさも変わり辞書で調べるのも簡単だし便利なのねぇ~

    • coffeebeans Says:

      昔の乙女さん>
      電子書籍は文字が大きく表示できる事が私にとって一番の利点です(^^)。Kindleは紙の本のように紙の匂いはしないし、ページをめくる時のパラパラ感もなくて、読書していてもなんだか味気ない感じ・・・ですけれども。

  6. wakasahs15th Says:

    こんにちは(^^♪
    私も眼が疲れるので読書からは離れていますが
    本より電子書籍の方が楽ですか?

    • coffeebeans Says:

      wakasahs15thさん>
      私にとって電子書籍の一番の魅力はなんと言っても文字が大きく表示できることです。文字が大きいと目が疲れにくくなり、長時間の読書も楽になったと実感しています(^^)。それと外出しなくてもネット(アマゾン)で簡単に本が買えるのも魅力といえば魅力かな???ネットでクレジット決済なので、ついつい本を買いすぎてしまうかも、という心配はありますが・・・。
      ベストセラーや話題の本は電子書籍化されているんですが、電子書籍化されていない本も多いです。それがちょっぴり残念かな~と思います。

  7. pikao Says:

    こんにちは^^
    風邪をこじらせたのかな? 
    でも、もう完全復活のようで良かったです
    pikaoも老眼になりめっきり本を読まなくなりましたぁ~
    電子本 何か馴染めないけど・・・使ってみる価値ありそうですね
    検討します(*^0^*)~♪

    • coffeebeans Says:

      pikaoさん>
      こんなにひどい風邪をひいたのは久しぶりです。体力には自信があったのですが、自分を過信しすぎちゃ駄目ですね~。
      文字が小さくて見づらいと本を読むのが億劫になりますね。雑誌の短い記事を読むのも敬遠しがちで・・・。文字が大きくできるのが私にとって電子書籍の最大のメリットですね~。ただあの薄っぺらいKindeのタブレットで本を読むのはちょっと味気ない気がします。紙の本の方がありがたみを感じます~(^^)


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。