ゾーイ傘が怖い訳は・・・

2015年11月18日

nov12c
今週から雨の日が多くて冬っぽい空模様になったなあと感じるんやけど。

nov16c
先週までは上の写真のような高くて雲の少ない秋空の日が多かった。太陽の位置がええんやろね、透き通るように青い空をバックに(撮影技術が無い)私が(お手軽に)iPhoneで撮った写真でもすご~く綺麗で見栄えがする!と自画自賛。

nov16a
前回ブログにアップした写真。iPhoneで加工したら迫力のある1枚に!と自画自賛。

私は地元の短大で履修生としてペットコースを受講しているんやけど、先日その授業の1つで犬の社会化について少々学んだんよ(犬の社会化についてはこちらによい記事があります⇒★)。つまり子犬を他の犬たちや人間、環境に適切に慣らすことはその子犬の性格形成に重要ですよ、という事なんやけどね。授業で配られたプリントに「生まれた直後と性的成熟が始まっててすぐの期間(生後5か月から8、9か月)は過敏な時期と呼ばれていて、この時期の衝動的な刺激は(その犬の)将来の異常行動につながる」と書いてあって、ハッとしたんよ。

ゾーイの傘嫌いの原因は私にあるかも・・・。

ハッキリした時期は憶えてないんやけど、ゾーイがまだ子犬だった頃(子犬のワクチン注射が終わって外に散歩に行けるようになってから間もない時期)に、傘でゾーイを怖がらせてしまったアクシデントがあるん。

主人と私は子犬だったゾーイを散歩に連れ出そうとしたんやけど、その時にちょうど小雨が降っていたので、主人は足元に子犬のゾーイがいる状態で何気なく傘を開いたんよ。手元のボタンでバン!と開く傘ね。傘がバン!と音を立てて開いた瞬間、ゾーイはメッチャビックリしたん。なんでこんなこと覚えてるかと言うと、その時のゾーイのビックリ具合が凄かったからなんよ。子犬のゾーイは肛門腺からあの臭い液をまき散らすぐらいビックリしたんよね。その後どうしたか、傘をさして散歩に行ったのかどうかははよく覚えてない・・・んやけどさ。

おそらくゾーイが傘を見たのはその時が初めてやったと思う。初めて見た傘が大きな音を立てて開いた事が、ゾーイに「傘怖い!」と強烈に印象付ける原因やったんやろね、と今更ながら思うんよ。それからゾーイは傘を見るだけで「怖い!」「嫌!」と吠えるだけでなく、傘を持った人にも吠えるし(ゾーイは人には吠えない。どんな人にも吠えないので、人の持っている傘に吠えてるんだと確信できる)、私が傘のような長くて棒状の物、例えばほうきなどを、傘をさすように持つと警戒するし。ダイニングの天井から下がっている照明(ペンダント照明っていうのかな?見ようによっては小さな傘のようにもみえる)が揺れると吠えるし。

ゾーイと暮らし始めた頃の私は犬について無知だったなあと反省してるんよ。もし今、 同じことが起こったら、ゾーイのショックを和らげるための努力、傘に対する恐怖の経験を上書きする努力を「すぐに」すると思う。それに今ならゾーイの怖がりの性格に配慮して、ゾーイの前でいきなり傘を開くなんてことはしないだろうと思うん。

という事がわかったとしても、ゾーイの傘嫌いがなんとかなるわけは無いんよね~。ゾーイを傘に慣らそうと努力した事もあったけど、ゾーイの傘へのトラウマが強いらしく(授業で習ったことからすれば当然だけど)、ゾーイの傘嫌いはなかなか解消できやんかった。なので今は傘をゾーイに見せない、ゾーイがいる時は傘を使わないということにしてるん。傘が無くても困ることは無い。ただ外でゾーイを連れている時に傘を使っている人が近くに居る時は気を付けるようにしてるん。

nov17b
もし子犬の頃のフィービーに同じ事が起こったらどうなんやろか?フィービーもゾーイと同じように酷く傘嫌いになるかもしれんね。傘や傘を開く音なんて、人間には身近で何てこともないんやけど、仔犬にははかなり大きな刺激なんやねえ。

広告

18 Responses to “ゾーイ傘が怖い訳は・・・”

  1. wakasahs15th Says:

    こんにちは(^^♪
    幼いころに受けた事は強く心に刻まれているかも知れませんね。
    本人(本犬)が優しい心の持ち主であればあるほど強く残るのかも知れません(^_-)-☆
    前回ブログにアップした写真!とても迫力があります。加工されたんですか?

    • coffeebeans Says:

      wakasahs15thさん>
      犬は成長が早くて1年ほどで体は成犬になってしまうのですが、子犬の頃の、短い時期に遭遇した怖い経験がいつまでも行動に影響をあたえてしまうようです。
      ほぼ毎日の散歩時に犬たちをスマホで撮影しています。毎回同じようなアングルでは面白くないと思って、最近は地面に這いつくばって下から被写体を捉えることにトライしてみました。連写機能を使って撮っているので、構図が全く駄目です。なのでiPhoneに付いている写真加工機能でトリミングして、フィルターもかけてみました。写真を加工するとひと味違った面白みが出るものなのですね(^^)


  2. ニャンコも同じ状況になると思うよ

  3. tiara Says:

    こんにちは!授業、勉強になっているようですね♪
    ゾーイちゃんは、傘嫌いなんですか。
    そんなことがあったんですねぇ。それじゃあ怖がるかも。
    ほんの小さなことが、影響するんですね。
    その点 猫は、度胸が据わっているかもしれません。
    ホント 仲良しですねぇ~♪
    加工の写真は、作るのが楽しそうですね!

    • coffeebeans Says:

      tiaraさん>
      ゾーイの傘嫌いは凄いんですよ。私が原因だと思うと心が痛いです。授業ではペットに関して広く学ぶのですが、どれも興味深く面白いと感じます(^^)
      猫も犬と同じように周りからの刺激に敏感ですが、そうですね、猫の方がドッシリしてるように見えますね!危機的状況から必ず逃げられるという自信があるからなのかな?でも猫も様々かもしれません。というのも、ウチの実家にいるクロ猫はある時期から3年ほど引きこもりになってしまったのですが、おそらく引きこもりになる何かがあったのでしょう。
      スマホで撮った写真はスマホで簡単に加工できて便利ですね。

  4. pikao Says:

    こんにちは^^
    幼い頃に受けた怖い想い
    一種のトラウマって事でしょうか?
    普段、何気にしてることがワンちゃんだけでなく
    人にもしてるかもしれません 
    pikaoはジジババ保育所で孫にも注意します
    加工写真 pikaoのお気に入りです♪♫

    • coffeebeans Says:

      pikaoさん>
      大人には何ともない事でも小さいお子さんには強く印象に残ることは良い事・悪い事関係なく沢山あるんでしょうね。人間の心理は(犬よりずっと)複雑なので、良い経験・楽しい経験が多ければ多いほど、多少の衝撃はトラウマになりづらいのかなあとは感じます。何がその子にとって衝撃的な経験となるかは他人からは計り知れない所が難しいなあと感じます。
      写真は撮っただけではなかなか決まった!といえない物が多いけれど、加工するとグッとよくなるものも沢山あるなあと思いました(^^)

  5. ◯◯泰男 Says:

    かっけえ画像があったね

  6. orca Says:

    幼少期のショックな出来事って、人間だけじゃないですよね。確かに心に残るトラウマ。
    最後の写真いいですね♪なかよし☆

    • coffeebeans Says:

      orcaさん>
      大人には特になんともないことでも子供さんには大きなショックを与える事って沢山ありますね。犬も(おそらくどんな動物でも)同じ事のようですね。
      最後の写真、つくしさんはフィービーがグイグイ近づいてきたので「ああ迷惑」って顔してます。フィービーはお構いなしにつくしさんに甘えてますが。

  7. 昔の乙女 Says:

    おはよう
    子供の頃に受けた衝撃がトラウマになっているのかな〜
    下から撮ったゾーイとフィービーの写真が素敵だわ(^_^)a

    • coffeebeans Says:

      昔の乙女さん>
      たかが傘、と思っていたのですが、仔犬にはそうではなかったみたいで・・・。ゾーイに申し訳ないことをしたなと思います。毎日散歩の時にスマホで写真を撮ってるので、たまには地面に這いつくばって撮りました(^^)地面に寝転がって写真を撮る姿を他の人に見られたら、変な人だと思われちゃいますね。


  8. こんばんは~。

    ローアングルのショット!!いいですね!!
    ひとつ前の記事で「おおおー」と思ってたらん♪今度はモノクロになっちゃって♪アートですね。
    今回のゾーイちゃんとフィービーちゃんのローアングルショットもいいですね、新鮮な角度ですよ~。
    いいショットって、うれしくなりますよね、ウフフ。

    ゾーイちゃんの傘のお話。
    コーヒービーンズさん大学で学んでること、ゾーイちゃんたちを通じて私も勉強になります。
    それにしても、肛門腺をまき散らすほど驚いたとは。。。よほど驚いたのですね・・・。
    その時はフォローができなかったのかもしれませんけど、今は今できるフォローで、少しでもゾーイちゃんがビビっちゃう場面が少なくなれば。
    そういうトラウマに気づいてあげれてるコーヒービーンズさんです、大学での勉強は、プラスばかりですね!!カッコいい!!

    • coffeebeans Says:

      ハヤコのかあさんさん>
      毎日犬たちの写真をスマホで撮っていますが、いつも同じアングルで同じような写真になってしまってます。この時は地面に這いつくばってスマホを構えてみました。
      傘の犬では、ゾーイに変わってもらう(傘嫌いを無くす)よりも、私が傘のある環境をコントロールする(傘を見せない)ほうがずっと簡単だと考えています。このように犬の態度を変えるよりも飼い主の心構えを変えることで、問題が(無くなることはないが)少なくなると実感しています。もちろんゾーイを傘に慣らすことも出来るでしょうが、それをする為にはそれなりにゾーイの気持ちや犬の習性に沿ったやり方をしなくてはならないですね。時間がかかることも覚悟しなくてはならない。
      大学で授業を受けるようになってから、犬に対してむやみに自分の希望や意見を押し付ける事が無くなりました。そのかわりどうやったら犬が心地よく自分の希望を納得してくれるだろうかと考えるようにしています。そうすることでゾーイとの距離が以前よりずっと縮まったと感じますし、ゾーイも以前よりずっと私に信頼を寄せてくれていると感じます。犬の本来の姿や素直な気持ちを汲みとることは難しくない。そんなことも授業から学びました。

  9. slecfarm Says:

    そういうことがあるんですねー。それにしてもcoffeebeansさんは、勉強熱心ですね。きちんと向き合わなければ、絶対にわからなかったことだと思いました!(^^)!

    • coffeebeans Says:

      slecfarmさん>
      受講しているクラスで教えてもらう事をゾーイとフィービーの場合に置きかえて納得したり思案してみたりするのが楽しいです(^^)ゾーイとフィービーの事がよりよく理解できているんだという満足感が大きいです。学生時代に今のように勉強熱心・研究熱心だったら良かったのになあ・・・としみじみ思います。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。