IMG_8322
昼間のわらびさんは、めっちゃ退屈してるらしいんやけど。

毎日クロゼットの中で昼寝をしている7歳のつくしさんとは対照的に、ヤングなわらびさんはあっちをウロウロ、こっちをウロウロ。何か楽しいことは無いかと探して歩きまわってるんよ。台所のシンクを覗いて私に「こら~!」って叱られてるし。私はブログを書いている最中なので遊び相手を出来ないから、犬と遊べば~?と思うんやけど、

IMG_8323
フィービーはヒーターにかぶりつきで寝てるし、

IMG_8324
ゾーイは窓の外を眺めながら寝てるし。その後しばらくして、わらびさんが静かになったので「どこかで寝てるんやな、ウフフ」などと思ってたら、

IMG_8330
あっ、違った!なんか妙に静かやと思ったら、トイレットペーパーで遊んでた。トイレットペーパーが使用不可になるほどボロボロにされる前に気付いてよかったわ。誰やんねん、トイレのドア開けっぱなしにしとるのは!って私やん。とほほ。「わらびさん!はやく出てきて!私トイレ使いたい!」

IMG_8327
「???」って首をかしげるわらびさん、可愛い~♪ じゃない。トイレ使いたいって、緊急なんだって!無理やりトイレから追い出そうとすると、わらびさんはトイレの後ろに隠れるんよね。結局わらびさんに見られながらトイレをする羽目に。飼い主がトイレを使用中にドアの外で待つ猫ちゃんは可愛いけど、飼い主のトイレ使用中を見学する猫って、どうなん!?わらびさんはね、使用後のトイレットペーパーが便器内を流れていく様子をシミジミと観察するんよ。だからね、私は大きい方をする時は決して!絶対に!わらびさんをトイレの中に入れないの!それが人間の尊厳ってやつよ。つくしさんも幼い頃は、私と一緒にトイレに入りたがったなあ。いつの間にかそのことに興味を失ったようやけど。わらびさんもいつかは、トイレの同伴をやめてくれるんやろかね?

IMG_8345
つくしさんはとにかく私の足が好き!

お詫び
ブログを始めた当初から、ページの右上に「coffeebeansにメッセージを送る」リンクがありました。そこにメッセージを頂くことが殆ど無い(年に1度もない)のをいいことに、私は長らくチェックすることを怠っておりました。先日確認しましたら、なんと今年の2月にメッセージを頂いておりまして、私は今まで気付かないまま過ごしておりました。メッセージを下さった方、お返事が出来ずに本当に申し訳ありません。今さらですが(お役に立てなくてすみません)、ゾーイの歯を治療して頂いたのはこちらの獣医さんです(⇒☆)。
今後はメッセージのリンクをブログから外すことにしました。今まで頂いたメッセージ、アドレスなどの情報は、すべて完全に削除しました。ありがとうございました。

広告

IMG_8187
犬たちがヒーターのど真ん前を占拠してるんやけど。

散歩から帰ってきたばかりで体が冷えているからか、ヒーターの温風を体にガンガン受けて、アッチアチになるまで動こうとしない犬たち。「ダメダメ!熱くなるから、ヒーターから離れて!」って注意したら、フィービーは「ママはいちいちうるさいな~」って顔するし、ゾーイはしら~っと無視するし。君らが温風をブロックするせいで、こっちは全然あったかく無いんですけど!

そんな犬たちを横目に私はiPhoneのラジオアプリ(iTunes)で録音したアメリカの朝のラジオ番組を聴いてるん。私が20代の頃にすんごく苦労して習得した英語を忘れたくないから、英語(米語)のラジオ番組を毎日聴くことを習慣にしてるんよ。家事をしながらラジオを聴いているだけなので、大した努力じゃないんやけどね。スマホやPCの予測変換のお陰で日本語の漢字すら思い出せない時があるんよ。母国語の日本語でもこんなんやもん、私の日常で全く使う機会の無い英語など、何もしないとすっかり記憶から無くなってしまうやん。

アメリカのラジオ番組のCMで、日本企業の名前を聞くことが度々あるん。例えばTOYOTAとかNISSANとかSUBARUとか。日本のTVやラジオでアメリカ車のCMを見たり聞くことってあまり無いように思うんやけど。だから「日本車はアメリカでも知名度が高いんやな。日本製品は海外でも頑張ってるんやな~。」って思うん。車CMの他にも、初めて「小型耕うん機で世界をリードするカボタ!」と聞いた時には、へえ~、アメリカにはカボタって耕うん機のブランドがあるんやねって思ってたんやけど、それが日本の耕うん機メーカー「クボタ」だと気付くまで何カ月もかかったわあ。「人気のライオビのパワードリルセットが、今なら20%オフ!」って聞いたときは、へえ~、ライオビってブランドがあるんや、と思ったけど、それは日本のメーカー、リョービのことやった。日本の企業名が海外でちょっと違う風に発音されているのって面白いなあと思うん。日本特有の「ローマ字読み」と「英語の発音法則」に微妙な差があるんやねえ。

英語の勉強に必死だった20代の頃、たまたま飛行機内で読んだ雑誌にデーブ・スペクター氏のインタビューが載ってたんよ。その記事でデーブさんは「毎日知らない日本語の言葉を6つ書き出して、意味を調べて覚えるようにしている」とおっしゃっていて、あんなに流暢な日本語をしゃべって、テレビで活躍している人でも毎日日本語を勉強してるんだ!って感心したのを、今もよく思い出すん(よく思い出すということは、前にもこのこと書いたかも!?!?)。少しの事でも毎日の積み重ねが大切なことはよく理解しているつもりやけど、続けることが難しいんよね。語学だけじゃなくて、筋トレとかダイエットとかさ~・・・。

IMG_8200
犬たちのお陰で、毎日多少の運動(散歩)はしてるけどねえ・・・。ねえ、フィーちゃん、顔に何付けてるの?

IMG_8210
「ママ、なにか用?」って、キミの顔のそれ、気にならんの?

IMG_8191
こちらも毎日飽きずに「猫らしさ」を磨いております。段ボールもハガキもビリビリ~、ボロボロ~。

IMG_8149
グッと冬が近づいてきたように思うんやけど。

大きな公園でもやっと紅葉が楽しめる季節になってきたんよね。犬たちは寒い方が体を動かすのに都合がよいらしく、元気に歩いて晩秋を満喫してるん。もう11月も後半・・・そろそろ大掃除のことを考えないとなあ。夏の終わりに「大掃除は寒くない時期にやる方がいいやんね」なんてチラリと思ったんやけど、思っただけ。やっぱり年末の声を聞かないと、重いお尻が上がらないわあ。

IMG_8161
それで、先に洗濯機の掃除をやっとこうと思い立ったんよ。洗濯機の中の汚れが取れづらいところもブラシでゴシゴシ。わらびさんは見てるだけ。掃除に使っている青い柄のブラシは最近購入したものなんやけど、このブラシはお風呂の床掃除用に買ったもので、今一番のお気に入りなん。でも完全に私好みってわけじゃない。私の「お風呂場床用掃除用ブラシへのこだわり」はかなり強いんよ。うちのお風呂の床は水はけを良くするために細かく溝が入っていて、その溝を掃除するのにちょうどいい、「私にピッタリくる」ブラシを長年探してるんよね。そして色々買っては試して、「これじゃないなあ」と肩を落としてるん。

IMG_8163
これが私の「お風呂の床掃除ブラシコレクション」。一番左が洗濯機掃除にも使っている、この中では一番しっくりくるやつ。上の写真にあるブラシ、すべてをお風呂掃除用にと買ってきたんやけど、この中にはお風呂掃除用として売られてなかったブラシもある。たとえば左から2番目は本当はフライパン洗い用ブラシで、右から2番目は靴洗い用ブラシ。これだけブラシがあっても、1つも私の好みに「完璧に合う」物がないんよ。ブラシが小さい、ブラシ毛が固すぎる(床に見えなくても傷がつくのが嫌)、柔らかすぎる、ブラシ毛が植わっているプラスティック部分が邪魔で、壁と床の境目が上手に掃除できないとか、不満を上げたらキリがないんよね。で結局、その時の状況に応じて、この中の数本を組み合わせて床掃除してるん。他のご家庭ではどんな掃除用具を使ってお風呂の床を掃除してらっしゃるのかしら?皆さん私と同じように掃除用具を「すご~く気に入っているわけじゃないけど、妥協やむなし!」なのかしらん???

お風呂場に限らず、床掃除は腰にくるので、少しでも負担を軽くできる用具を使いたいんよねえ。

IMG_8242
わらびさんが寝室で寝る時は、ニトリのこの小さなクッションを使ってるん。この寝相・・・誰かさんとそっくり。

IMG_8139
その誰かさん。んもう、はしたない寝相やなあ~。ホットカーペットが暖かいもんで、伸びてる~。

IMG_8244
こちらもヒーターの前でぬくぬく、ご機嫌で毛づくろいですよ。足、パーン!と広げたままやん。

IMG_8241
つくしさんは私の足首を枕に寝るんよ。・・・私の足はつくしさん好みの臭さなんやろか?

IMG_8096
こんな狭い手すりにも上れるようになったわらびさんやけど。

この手すりの上に乗るのにも1年ぐらいかかったなあ。わらびさんは自分のジャンプ能力にすっかり自信がついたようで、今日も昼間っからテーブルに上がったり(やめてえ~)、キッチンカウンターに上がったり(やめてええええ~)大忙しよ。昼間のつくしさんはクロゼットの中のベッドでお昼寝。犬たちも窓辺のクッションで寝てるんやけど、わらびさんだけあちこちウロウロ~、ドタバタ~ってしてるん。わらびさん、こんなに活動的やのに、太り気味ってねえ・・・。

IMG_8123
今月の始めのことやけど、友人の日本画家・島田沙菜美ちゃんが新潟三越で個展を開催するというので、観に行ってきたん。一緒に行く妹とのスケジュールの関係で、新潟まで飛行機で日帰り旅行やったんよ。沙菜美ちゃんにとってこれが初めての百貨店での個展とのことで、どの作品も一段と素晴らしく、感激しちゃった(島田沙菜美Twitter⇒)。

日帰りやけども、「せっかく新潟に行くんだから、いくつか新潟らしいものを押さえたい=食べたい。」との妹が言うので、

IMG_8025
お昼は新潟三越からほど近い「とんかつ太郎」さんで新潟名物タレかつ丼を。ソースかつ丼は福井の名物やったっけ?それなら食べたことあるけど、タレかつ丼は初めてやわあ。とんかつ太郎さんの店内は狭く1階はカウンター席だけ(2階もあるらしいけど、2階はもっと広いのかな?)。この日は平日だったからか、常連っぽいお客さんが次々にカウンター席について、淡々とタレかつ丼を注文してたん。

IMG_8027
これがタレかつ丼。ご飯の上にタレに浸したカツが4枚のってるん。メニューを見ると、カツの枚数が選べたり、定食があったり、お味噌汁やサラダなどのサイドメニューもあるんやけど、他のお客さんを見るとほとんどの方がタレかつ丼’だけ’を注文しているようなので、私たちもタレかつ丼だけを注文したん。お味やけど、ご飯にもタレがかかっていて、鰻丼のとんかつバージョンって感じかな?甘めのタレが揚げたてアツアツのカツとご飯によく合い「すんごく美味し~い!」。これはまた食べたいお味!

IMG_8030
三越の前から見える、でっかい弘法大師さまの像。その後は新潟から離れて、レンタカーで柏崎まで向かうことにしたん。柏崎ではこれまた有名な「鯛茶漬け」を日本海レストランで食べようと予定してたんよ。途中、妹の強い希望で、

IMG_8031
燕三条の地場産センターへ寄り道。ここで妹は、

IMG_8032
こちらの地元メーカー「ユニロイ」のホーロー鍋を見たかったらしいんよね。ユニロイのホーロー鍋は軽いのでとても人気があるんやて。でもこの鍋を扱っているお店が少ないのが難点。ネットで購入できるんやけど、結構なお値段する鍋なので、実物を見てから買うかどうか決めたかったらしいんよね。わかるわかる。たしかに某有名海外メーカーのホーロー鍋とは比べ物にならないぐらい軽い。が、やっぱりホーローだからね、そこそこ重いし、かさばるので、妹は「やっぱり買って持ち帰るのはやめとく~」だってさ。

IMG_8036
妹はこのオシャレな「すりおろし器」と、固いバターをパンに塗りやすいように削げるバターナイフを購入してたん。

IMG_8034
燕三条の地場産センターは人気の観光地となってるらしく、大型バスで団体のお客さんがひっきりなしに来てたんよ。オシャレな物から、機能的な物まで、キッチン用品から農作業器具まで、様々な商品が並んでいるので、ただ見ているだけでも楽しいところやったん。ここまで来て、柏崎の日本海レストランの夕方営業開始時間にお店に入っても、飛行機の時間に間に合うように新潟空港に帰ってこれないと発覚!残念。

IMG_8024
新潟とセントレアの間はこのようなプロペラ飛行機で移動したんやけど、すっごく驚いたのが、紙のチケットが必要なかったこと!ネットで飛行機のチケットを買ったんやけど、その際に2次元バーコード(正四角形のバーコード。黒と白のまだら模様のお馴染みのやつ)が発行さたんよ。そのスクリーンショットをスマホに保存したものを、飛行場の保安検査場や搭乗口に設置してある専用の機械にかざすだけ。預ける荷物がなければ、飛行機会社のカウンターに行く必要なし。旅行中にチケット無くすなどの心配せんでええやん!?国内線を利用する機会が無いもんで、飛行機のチケットレス化が進んでるって知らんかった。今は便利になってるんやなあと感心したわあ。今回は時間が無く、じっくり観光できやんかったけど、また新潟行きたいなあ。温泉とか、うふ、良いなあ。

IMG_8113
気温が低くなればなるほど、夕方散歩のゾーイは元気に。

IMG_8102
散歩では寒いぐらいが良いと言うくせに、室内ではヒーターの前が好きなゾーイ。ヒーターの前でまったりしていたつくしさんにすり寄っていって、つくしさんにお顔を舐め舐めしてもらってご満悦。

シニアの入り口?

2017年11月14日

IMG_7762
むっちゃブログをサボってたんやけど。

いや~、一度サボり癖が付くとダメねえ。PC開くことすら気が乗らない。そんなこんなしているうちに10月19日はつくしさんの7歳の誕生日やったんよ。世間では犬猫の7歳というと「そろそろシニアなお年頃」ってことになるらしい。確かにつくしさんの毛は若いころと比べると艶や厚みが減ったような気がするし、活動量も多少減った気がする。でもね、いかにも年取りました!って感じでもない。まあね~、私だって30代の半ばで頭に白髪が出てきたり、老眼の兆しがあったり(今は老眼鏡無いと辛い)したもんね。それから10年余経った今も私自身はまだまだ若いとか思っちゃってる。うん、口には出さんけど。つくしさんも私と同じように思ってるんとちゃうかな?そんなつくしさんと対照的に、まだまだ若いわらびさんはついに!

IMG_7764
冷蔵庫の上を制覇したんよ。つくしさんはうちに来て数日で制覇した場所やけど、わらびさんは1年以上かかったなあ。わらびさんは生まれたときに頭が床に付くほど首が傾いてたらしいんよね。今はほぼ分からないぐらいに改善してるんやけど、その事が原因でどうも体のバランスを取るのが少々難しいらしく、高い場所にジャンプするのが苦手なんよ。でもちゃんと成長するんやね。こんな高い場所にも上手く登れるようになってね。感激する気持ちと冷蔵庫の上の埃が気になる気持ちとで私の心の中は複雑やわあ。

IMG_7781
ジャンプは苦手やけど、怖がりじゃないわらびさん。先日も掃除機を使っていると、

IMG_7787
アレをやってやってと催促してくるん。アレとは、

IMG_7791
コレ。背中を掃除機のブラシでゴシゴシ。んもう、掃除がはかどらんやん!これの何が楽しいのか教えて~!こんな陽気なわらびさん、先日のワクチン注射の時、獣医さんに「これ以上太らせない方がいいですよ」って言われてるん。現在わらびさんの体重4.8キロ。食べすぎないように気を付けないと駄目なんやけどね、わらびさんはつくしさんのオヤツも横取りしちゃうし~。

IMG_7808
犬の散歩にこのようなおやつを小さくカットして持っていくんやけどね。このおやつをカットしていると、

IMG_7811
フィーちゃんが散歩前のおすそ分けを期待して待機。

IMG_7812
ゾーイも待機。そしてわらびさんも便乗。わらびさんはこのオヤツに興味があるので、いつも「味見したい」って言うんよ。これは犬用だからあげないよって言うと、わらびさんはわざわざキッチンカウンターに上がってこのおやつを奪いに来るんよね。決まったカリカリと好みのオヤツしか食べないつくしさんとは大違い。その違いがわらびさんが太ることに繋がってるのかなあ???

IMG_7712
茶トラの猫は太りやすいと聞いてたんやけどね。それはホントかもね。

 

IMG_7639
フィービーがゾーイの横に割り込んでるんやけど。

「さっきオヤツあげたでしょ。掃除中だからあっち行ってて、邪魔邪魔~!」と掃除機のヘッドをフリフリしたら、フィービーは拗ねてゾーイの横に行っちゃった。フィービーは叱られたり拗ねたりするとゾーイにひっつくんよね。フィービーはゾーイを頼りにしていて、大好きで、いつもゾーイに甘えてるんやけど、ゾーイの方はちょっと迷惑そうやなあ。

IMG_7365
F1観戦に義妹ちゃん夫婦が泊りにきてくれてたんよ。義妹ちゃん大好きなゾーイは、家に入ってきた義妹ちゃんを見ただけで大興奮!大歓迎。その喜びっぷりったらなかったわ。

IMG_2942
義妹ちゃんにべったり張り付いて、お腹をナデナデしてもらってうっとり大満足のゾーイを離れた場所から、

IMG_2943
しら~っとした顔で見つめるフィービー。ゾーイを可愛がる義妹ちゃんに嫉妬しているのか、義妹ちゃんにナデナデしてもらってるゾーイに嫉妬しているのか。超仲良くしている義妹ちゃんとゾーイの様子を、いつも少し離れた場所から冷めた目で見つめるフィービーの心境は如何に???

IMG_7361
猫たちは義妹ちゃん夫婦からもらったお土産に夢中よ!義妹ちゃん夫婦、いつも犬猫にまでお土産持ってきてくれて、本当にありがとう~!!

IMG_2854
F1の会場ではレース以外の催し物やショップがいっぱいあって賑やかなんよ。これは2人ひと組となって、タイヤ交換のタイムを競うブース。

IMG_2855
歴代F1マシンの展示などなどあって、会場は大賑わい。

IMG_7482
私たちの席からはこのようにコースが見える。こうやって実際マシンが走っているのを見ると、フォースインディアのピンク色はそんなに変じゃないね。

IMG_2937
結果はメルセデスのハミルトンが優勝。例のピンク色マシンのサハラフォースインディアは6位・7位と健闘。というか、安定した走りを見せたサハラフォースインディアに驚きを隠せない。なんだかんだ問題があっても毎年成績が上がっている。来年はもっと上に食い込んできそうな予感~。うん、楽しかった!!また来年もF1を観に行くことが出来ますように。

F1終わった頃から一瞬グッと暑くなったけど、今週はちゃんと秋が戻ってきたね。

IMG_7660
気温変化に体がついていけず、うっかり鼻風邪ひいちゃった。リビングの敷物を冬用にしたんやけど、ホットカーペットも出そうかな・・・。まだ早い???

頑固なフィーちゃん

2017年10月13日

IMG_7262
先週の水曜日のことなんやけど。

午前11時54分。「シャンプーしよっか!」と呼びかける私を完全無視するフィービー。いつもは週末にシャンプーするけどね、連休の週末は特別イベントがあるからさ、今やらないと時間が無いんよ。そのフィービーお気に入りのクッションのきちゃないカバーも冬用にかえたいからさ。ゾーイのシャンプーは先に終わってるからね、次はフィービーなんやけどね。

IMG_7263
「なあ~、さっさとシャンプーしよや」といくら呼びかけても、漬物石のように固まって動かないフィービー。あんなに好きなオヤツを見せても全然反応しやんの。いつ頃からやろか?フィービーがこんなに自己主張が強くなったのは。子犬のころは「シャンプーしようね」って言うと何でか知らんけど嬉しそうにお風呂場に来てたのにな。あの頃のフィーちゃん、どこ行ったかな?押しても引いても動かないので、

IMG_7267
最終手段、リードを付けた。何とかクッションから多少移動したものの、時刻は午後12時23分。ほれ、もう諦めなさいな。わらびさんも、はよしいや、って言ってるで~。

IMG_7271
ハイハイ!しゃきしゃき上って!さっきオヤツあげたでしょ。オヤツ食べたらシャンプー、これお約束!

IMG_7272
午後12時25分。完全に停止しました。仕方がないから下からフィービーのお尻を持ち上げてお風呂場まで押していくか・・・。シャンプーそのものは1時間もかからないのに、シャンプー前に30分もかかるとは。主人がシャンプーする時のフィービーはもっと諦めがええんよ。フィービーは「ママはオヤツ駄目って言っても、粘ればくれる。だからシャンプーも粘れば回避できるはず」とか思ってるんとちゃうん?ママはシャンプーするって言ったらするで。シャンプー前にこれだけ手間をかけるフィービーやけど、シャンプー中はとっても大人しいんよ。

IMG_7275
シャンプーして綺麗になったねえ。さあ!お楽しみのお昼ご飯にしよか?なんでそんな顔してんの。もうシャンプー終わったやん。フィーちゃんがさっさとお風呂場に行けば、30分前にご飯が食べられたんやでえ。

IMG_7295
ということで、連休中に鈴鹿サーキットで行われたF1を観に行ってきました。まずは木曜日のピットウォーク。

IMG_7303
写真右、黄色の看板の下がピット。左側のコンクリートの壁の外側は走行コース。

IMG_7299
表彰台の下のピットはザウバーF1チームのピット。写真中央に偶然写っている男性のように、帽子の上にお気に入りのマシンを乗せてる人がいたり、、全身F1ドライバーのようなコスプレの人がいたり、お気に入りのチームカラーを使った着物のコスプレをした人がいたりして、華やかな雰囲気なん。皆とっても楽しそう。

IMG_7307
今年は各ピットの入り口に、ドライバーの名前だけでなく、顔写真も入ったパネルが貼られていて、私のようなF1素人には有難かったなあ。

IMG_7310
来年はホンダとタッグを組むトロ・ロッソのピット。シルバーの牡牛のデザインがすご~くカッコいいと思ったん。

IMG_7316
アロンソのマシンに使う(と隣の人が話していた。だってアロンソって書いてあるし)タイヤ。1つ1つ丁寧にカバーがかけられ、ぞれぞれが何をする為なのか分からないけど(温度管理?)四角い制御パネルに繋がってる。やっぱりタイヤの管理はとっても大切なんやね。

IMG_7324
1番人気はやっぱりフェラーリ!近づくことすら出来ません~。

IMG_7322
で、昨年とは違って意外に人気を集めていたのが、サハラ・フォースインディアの、この萌えるようなピンク色のF1マシン。変な感じがするけど、っていうか、すごく変やけど、昨年までのインドの国旗の色を配したデザインよりも垢抜けて見える・・・ような気がする。マシンからインド色無くなっちゃったな。このピンク色は今年からフォースインディアの長期スポンサーになったヨーロッパの大手水技術会社のイメージカラーなんやって。

IMG_7335
ひと通りピットを見学したら、次はコースウォーク。

IMG_7603
コースウォークではF1ドライバーとそのチームが(ファンサービスを兼ねて?)コースを歩いている場面に出会える、かも、しれない。さらに運が良ければその場でサインを貰える、かも、しれない。上の写真はハースF1チームのドライバー、ロマン・グロージャン。F1を観戦する機会があれば、ぜひぜひ木曜日のピットウォークにも参加することをお勧めします~。木曜日はドライバーもチームもリラックスムードでほのぼのしてるんよ。

で、翌日金曜日はフリーランの日やったんやけど、雨が降ってたので、私はパスしたん。週末に義妹ちゃん夫婦が来るから、その準備せなアカンかったし。その日は肌寒かったもんで「もうこれから寒くなる一方やから」と、

IMG_7353
電気ヒーターを出してつくしさんを喜ばせたんやけどね。次の週(今週)に夏が戻って来るとはね、この時思いもせんかったわ。